やさしい文章を書くためのブログへ

アイキャンフラーイ

こんにちは、かのです。
「やわらかい文章力がほしい。」
と辻村深月さんの本を読みながら改めて思ったのです。

装飾に頼らない、文章で書くブログ。
ちょっとメインの『手書きのようで、活字のようで、』とは違った雰囲気で書けたらいいなあと思います。

それをまた、メインブログに活かせたら最高だなと思って

どこでやろう?どんなブログにしよう?

はてなブログを課金って手もあったんですが…。
WPなら継続的に必要なお金がゼロ円だったんですね。
その代わりWordPressのテーマは有料にして、気になって仕方がなかったストークを使ってみました。
ブログならストーク、アフェリエイトならAFFINGER4って聞くので、それって結局どういうこと?
って気になってたんです。

まあその話は、後日メインの方でレビューさせていただけたらと思います。

とりあえず、ストークのポップさをあえて殺してやろうと思いました。
ナチュラルに仕上げようと…。どうでしょう?殺せてますか?

肝心の記事内容

レビューとかは、メインに任せようと思います。
自分の脳味噌の中から絞り出して書くスタンス。
目標はエッセイです。それになるかはわたし次第ですね。

エッセイについて考えたときに自分自身、疑問なんです。
素人のエッセイなんて、おもしろいのか…。

わたしは、いま辻村深月さんのエッセイを読んでいます。
ほかにもはあちゅうさんや、有川浩さんのエッセイを手に取ったことがあります。
共通して言えることですが…
エッセイは自分が興味のある人のものだからこそ面白いんじゃないか。

一歩間違えば、「自己満足」の日記帳で終わりかねないジャンルですよね。
可愛い子どもも登場しない、イラストもない。
その中で、読む価値のある文章を書くってハードル高くないですか!!!
吹き出しはこっちでは封印するつもりなのでそれだけでもかなりキツイです。

わたしはmixiに日記を書いていた世代ですが…。
くれぐれも、あの時のレベルに落ちないように心がけなければ!

そして、Googleさんに認めてもらう

とりあえずGoogleさんが認めてくれるクオリティを考える。
広告掲載を目指そうと思っています。
おそらく険しい道になるのではないかと…。

Googleさんに広告掲載を認めてもらう条件に、『役に立つ情報』というものがあります。
何かを紹介している記事なら、役立ちますが、日記ってたしか厳しいはずですよね。

突破できるんかな〜。険しいでしょうね。

まず1000字のハードルが遠い遠い…。

追記 (2/22 20:19)

突破難しいと思ったんですが、簡単でした!
2サイト目からは、審査はないらしいです。

楽々、通ってしまった。

 

さいごに

これからどんな記事を書けるか未知数です。
でも、書いていきたいなと思いますので…。

こんなわたしの記事ですが、お付き合いください。
おそらく、メインサイトの記事は練りまくって構成組んで書いています。
その合間の息抜きに書きたいなと思っているので、メインサイトは変わらず頑張ります!

レビューらしいレビューはこっちには書く気はありませんしね。
エッセイっぽくしつつ、ものを紹介してることはあるかもしれません(笑)

メインサイト共々よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です