ゆっくりしゃべろう

こんにちはかのです。

先日、写真家ソール・ライター氏の本とドキュメンタリー映画を見ました。

ソール・ライターおじいちゃんはゆっくりとしゃべります。

ゆっくり、ゆっくりと…。

1語1語をゆっくり発します。
ゆっくり短い言葉でしゃべるその様子をみて、素敵だなと思いました。

深く深く自分の言葉を発して、そして笑う。

なぜ急いで話すのか?

わたしは、あまり頭の回転は早いほうではありません。

でもしゃべるのは好きなんですよね。

だから、口が先に動いてしまう。頭より先にね。

適当にペラペラっと言葉を発して…。

ふと、「ん?なんかおかしいぞ」

なんてこともある。

本当は、ソール・ライターおじいちゃんみたいにゆっくりとしゃべればいいのかもしれない。

一言一言をしっかりかみ砕いて・・・。

ゆっくり自分の間(ま)でしゃべるようにすればいいのかもしれない。

いつもは頭の回転のはやい旦那に合わせて、ポンポンっと返してしまう。

いや、早く投げないと、次のボールが来ちゃうから急いで返すみたいに話す。

もっとゆっくり、もっとしっかり言葉を選びたいなあ。

そういえばTwitterでもそうだ

Twitterでもそうだ。

なんかいいフレーズが浮かぶと適当に発す。

だから、誤解が生まれてちょっと違うお返事が来てしまう。

もう少し、違う言い回しをすればよかった・・・。

そんなことを思ってみても後の祭りだったりする。

逆の場合もある、言葉から受けた印象に対する何気なく、意見する。

それがどうも的外れだったり・・・。よくある。

140字の言葉から、すべてを想像するのは難しい。

その人、その人の解釈があっていいんじゃないかなって思う。

140字、されど140字。侮るなかれ。

ゆっくりと言葉を紡ぎたい

ゆっくりと言葉を選びながら話したい。

言いたい言葉を、思いついたままの言葉でつい話してしまうけど・・・。

一拍よく考えて、一番伝わる言葉を選べる余裕をもちたいな。

そんなことを考えながら、このブログを書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です